放射線科

マルチスライスヘリカルCT(エクロス16)を導入しております。 1回転で16スライスの画像(厚さ0.63o)を同時に撮影でき、撮影時間が大幅に短縮されます。これまでより更に精密な情報が得られ、頭部・胸部・腹部全ての臓器疾患の検査に有効です。
3次元(3D)処理にて立体的画像が得られます。
さらに自動的に各部位の最適なX線量での撮影(IntelliEC機能)が可能で従来CTと比べ、患者様への被ばく線量を大幅に低減して検査が出来ます。

X線撮影装置更新に伴い、CRシステムを導入し、デジタル画像化しました。将来はフィルムレスを目指しております。

胃造影撮影検査・大腸造影検査は随時行っております。

放射線放射線
放射線
topへ戻る