リハビリテーション科
当科では、慢性疾患のリハビリ、高齢者に対しての筋力アップ、バランス訓練等を目標にしたリハビリ、脳梗塞等の脳血管疾患、肩の疾患、大腿骨・頸部骨折その他骨折後又はオペ後、変形性関節症等の運動器疾患が主として行っています。

リハビリテーション科は主に神経・筋・骨格系に基づく運動機能障害者に対し、失われた機能の回復を促すとともに、残存能力を最大限に引き延ばすための治療的訓練を行い、患者様が家庭復帰や社会復帰が出来るように援助しています。
また、社会の高齢化にともない、高齢者の入院が多く、臥床にともなう廃用性症候群を起こさないように筋力低下、関節拘縮、体力低下、臓器の退行性変性などの予防を目的とした訓練も行っています。
ベッド上で安静にしている患者様には、早くから車椅子に座り移動できるように、自分で食事・着替え・トイレ動作が出来るように病状や安全に気を配りながらベッドサイドにてリハビリを行います。
全身状態が落ち着くとリハビリ室に来ていただき、自宅での生活へ早く安心して復帰できるように歩行訓練等、日常生活訓練を行います。

なお、当科でのリハビリを希望される方は、関係する診療科にまず受診していただき、そこからリハビリオーダーを受けて下さい。

リハビリテーション室リハビリテーション室
topへ戻る