特定健診について

特定健診とは

生活習慣病を発症する可能性が高い方を早期に見つけるため、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。多くの方は無料で受けられます。

特定健診は以下の方が受けられます

特定健診

特定健診を受けるには

月曜日から土曜日の9時から11時30分に、前日の夕食から10時間以上あけ、
朝食を摂取せず(水のみ可)ご来院ください。
※予約は不要です。

健診受診日には下記のものをご持参ください。

健康保険証、特定健診受診券、介護保険証(65歳以上)

イメージ

特定健診の検査内容について

診察など 問診(病歴、治療中の病気、服薬中の薬、生活習慣などの情報)、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)、理学的所見(身体診察)、血圧測定
脂質を調べる検査 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール (血液中に含まれる中性脂肪とHDLコレステロールの異常値はメタボリックシンドロームの危険信号です。)
代謝系を調べる検査 血糖、ヘモグロビンA1c、尿糖 (糖尿病など肥満が原因で起こりやすい代謝異常を発見する手だてになります。)
肝機能を調べる検査 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT(γ‐GTP) (肝機能障害やアルコール過剰摂取を発見する手立てになります。)
尿・腎機能を調べる検査 尿蛋白(腎臓の病気を発見する重要な手だてになります。)
topへ戻る